Monthly Archives: 2009 10 月

レース翌日

20091019173739.jpg 200910191745000.jpg 20091019175952.jpg 20091019185201.jpg 20091019184355.jpg 20091019202350.jpg 20091019204815.jpg

 

 

 

10月19日 ロードレースも無事終わり、この日は1日フリーだったので、夕方から観光地を巡るナイトツアーによっちゃんと2人申し込みました☆

17時過ぎにガイドさんがホテルへ迎えにきてくれ、車で向かった先は恋人岬。

恋人岬と言うとそこは凄いパワースポットで、恋人同士が仲良く観光し、2人で鐘をリンゴン鳴らし帰ってくる、みたいなイメージでしたが、グアムの岬は実は悲恋の言い伝えのある場所らしいのです。

 かつてここがスペイン統治だった頃。1人の美しいチャモロの娘がスペイン人総督に求婚されますが娘はそれに抵抗。同じチャモロの青年と永遠の愛を誓い、互いの髪を結びつけて岬から身を投げた…。

なんてunhappiness(゜-゜)

 南京錠とかくっつけてあるみたいだし、おどろおどろしい感じだったら嫌だなと訝った私。

 が着いてみるととても素敵な場所だったので一瞬にして気分はハイに。

タモンの美しい海岸線、気持ちよく吹いてくる風、もう少しするとサンセットタイムだね〜ヽ(´ー`)ノ

鐘も鳴らしたし海も満喫、気分の良いまま車に乗り込み、次はディナー。

案内されたのはローカルが集うと言うチャモロ料理屋さん。

お店の中央にビリヤード台があり、男女数人が実際にビリヤードを楽しんでいました。

レストランというよりもバー。

食事を済ませた後は、夜景です。

Marine Corps Driveを、ロードレースの折り返し地点だったアサンまで行き左折、住居の方へ登っていきます。

街から外れ、静かな山道を行くと徐々に星がくっきり見える様になっていきました。

 公園の入り口に車をとめ、三人で暫く満天の星空を眺めました。周りに星の光を邪魔する灯りは何も無く、真っ暗で本当に綺麗。

目の錯覚じゃなければ良いと思うのだけど、流れ星も見えましたょ。

その後少し下り、アプガン砦から街の夜景を見ましたが、星空の印象が強く、あまり感動出来ませんでした。

やはり自然が一番美しいんだよね。

 今回このナイトツアーで私たちをガイドしてくださったのはグアム在住の日本人、Jerry 斎藤さん。おかげでとてもメモリアルな一日を過ごす事が出来ました☆

ありがとうございました☆

 Saiko TravelCareCorporation http://www.saikoguam.net

KO’KO’ロードレースのキーアイテム

20091018043138.jpg20091018082713.jpg  20091018175455.jpg

 

 

10月18日

*2時40分にとった朝食。天然酵母あんパン(前の日にスーパーで調達)

*代謝アップ。VAAM

*骨盤の位置を正しくキープし、足の筋肉を程良くサポート。acicsのコンフォートタイツ

*UVカットの為に用意したUNDER ARMOURのアームカバー

*気分をリラックスさせる為に。Diorのオードトワレ

*ボランティアの皆さんがくれたお水、笑顔、歌We will rock you。

 *タカセさんのウエディングRUN

*仲間の走っている姿とナイストーク。

 *海とか風とか教会の鐘の音とか色々!

☆☆☆

準備。

20091017160418.jpg 20091017103221.jpg

10月17日

完全に忘れていました私。

坂の存在を。

レース前日の午後、JALPACに組み込まれていたレースコースの下見バスツアーへ行き、茫然としたのです。

 スタート地点が既にかたむいてるね…。

 セント・フローレス像のあるロータリーまで登り、そこをカーブすると長い下り坂です。

 5K地点まではひたすら「斜め」

やっとフラットな道と海が見えたらそこがMarine Corps Drive。

ここから折り返しまで平和な(単調な)道のりとなりそうです。

折り返し地点の目安には、海側に見えるGovernment Complexと、左手にある教会の十字架、とはグアムマラソン歴四年で今回のツアーのガイド、ジュンコさん。

一通りコースを見終え、私たちを乗せたバスは、元きた場所を通りホテルへ戻りました。

 昨日私を苦しめた右サイドの痛みはすっかり治り、なんだか恍惚。

レース前ミーティングを聞いてエントリーを済ませ、カーボローディングの為にパスタを身体に入れて。

 さて。 あとは走るのみ☆

グアムへ。

20091017080825.jpg 20091016151640.jpg

10月16日金曜日

私を含むデアトレメンバー6名は、18日に開催されるKo’Ko’ロードレースへ出場する為10時発JO941便でグアムへと向かいました。

目的地迄ほんの3時間ほどのフライト。
前日の仕事の緊張や寝不足で、この3時間は睡眠に充てようかと思っていましたが、ちょっと話していたら到着していました。時差も1時間と楽。

今回宿泊したのは
Pacific Islands Club。
このホテルはエントランスを入ると眼前にタモン湾の海、よく手入れされているホテル内のグリーンが額縁に入った様に見えるつくり。
私たちが到着したちょうどその時にスコールがあり、初めの印象はそれほどでもなかったけれど、4泊している間にその美しさに何度となく癒される事になります。

お部屋もオーシャン・ビュー。
海が大好きな私はテラスで過ごす時間がとても長かったです。まず起きたらここ。お茶するのもメールを書くのも全部このテラス。

と、こんなに平和で素敵な予感に満ちたテンポできましたが、そろそろ嫌な思い出話しを書かなくてはなりません。

話しはグアムへ向かう機内へ戻ります。
あと1時間程でグアムという頃でした。
仲間と他愛ない話しをしながら左から差し出された書類を受け取る為、上体を捻り呼吸をした時、右肩と右肺に激痛が。急な痛みに驚きも加わり思わず声が出てしまう。
「痛いっ」

この痛み、呼吸に合わせてやって来る為浅くしか呼吸が出来ないのです。
休めば治る、と暫く大人しくしていたけれど治らない。
ホテルに着いても、駄目。夜になっても治らない。

そのうち最悪のシナリオが頭をかすめました。

?ロードレース出場辞退
?無理をしレース中倒れる

日本に居た時は、足の痛みの事や皆に置いていかれたらどうしよう等の悩みだったのが、現地入りした途端にレースに参加出来るかどうかという初期の問題に変わってしまったのです。

皆がディナーに出掛けた後の薄暗い部屋のベッド。
うとうとしつつ、「皆と一緒にレースに参加出来さえすれば、もうそれで良い」とひたすら痛みが消えるのを待ったのでした。

ただいま☆

20091018224128.jpg 200910180830000.jpg 20091018081827.jpg

グアムでのハーフマラソンを終え、先程帰国しました☆

スタート地点から5kは予想していなかった坂道続きで、無事走り切れるかかなり心配でしたが、結果は…

☆完走です☆

2時間16分16秒。前日に立てた目標タイムは2時間50分なのでかなり満足。

1度日本で20kを試した時に、休憩を3回は取る事に決めたのですが、本番では現地のスタッフさんやボランティアの方々の暖かい応援のおかげで、1回立ち止まっただけで後はほとんど走っていました。

人の優しさに非常に敏感になれたKO’KO’ロードレース。

参加して本当に良かった☆

(明日からグアムでのエピソードを遡って書いていこうと思っています♪)

☆レース前ミーティング☆

20091017120931.jpg 20091017170301.jpg 20091017191143.jpg

グアム2日目。
今日はロードレースのコースの下見とレース前ミーティングがありました☆

意外にも起伏の多さに唖然。こんな長い坂道は未体験です。思わず目標タイムも控えめ設定(。・_・。)

明日は2時30に起床☆
頑張ります☆

間もなく

091014_151841_ed.jpg 091014_201005.jpg

日曜日はグアムのココロードレースです。いよいよ。

届いたガイドを見ていたらすごく緊張してきてしまったのです、私(._.)

以前挑戦したHonoluluではダイアモンドヘッド手前の10Kで限界を感じたんだっけ、とか右足の腫れがどうだとか、何故か異様にネガティブ。

今日はOffだったので、ランチは高タンパク低カロリーを意識して、マグロとアボガド、それから海藻を玄米ご飯にどーんとのせたポキ丼。(美味(・_・))そこに更に納豆と海苔もプラスしてみたり。

ね、これだけ食べれば大丈夫っ!な訳無いかぁ…(__){sigh

初-☆

091001_082227.jpg 091001_094521_ed.jpg 091001_142342.jpg

初めて20K完走しましたo(^-^)o
2連休(暦と無関係な私ならではのスケジューリング)初日の今日、試しに地元のサイクリングロードを走ってみました♪
明日、もし不調でも最悪は夜迄に復活出来れば良いし☆
右足の1番弱い部分にテーピングをし、お湯で溶いたホットVAAM飲んで、いざ!!
何故か河童のオブジェとか、コスモスとマリーゴールドのお花畑など、思わず微笑んでしまう物が出現してくれたのでちょこちょこ止まりながらも何とか走り切りました☆

このチャレンジをしようと思ったのも、やんわり叱咤をくれる友人たちのおかげ。
明日からきっと、暫くジョギングは休憩するけど(笑)悪しからず(__)